輝念了崔仟窮麼匈 > 咄赤 > 埃崩咄赤

埃崩咄赤

辺茄
處蟹
囁直崎
恬簡
恬爆

埃崩咄赤兆嫋壓瀲赤彿坿双燕

埃崩初府

埃崩
恬簡塞圷慎初
恬爆塞圷慎初
處蟹采馗昇
¥ LrC@JpoPcC正非穫 ¥


ただ朕の念のボ?ルではしゃぐ
あの晩 まだ?らは丑しみなんて岑らない
仝また苧晩ね々と互く返をふる
あの晩から ?らは扮が峭まってしまった
?い弊順の採?かで
埴も需貧げているかな 揖じ佛を
塁貧の尚弼 ノ?トの鯛慕き
弼擁せないずっと そうずっと
豊もいない匚 住わした埃崩
あの襪い鬚困辰函,修Δ困辰藩れないで
寄繁になって倩を?えて
あの晩より?らは膿くなれただろうか
高、需払った扮
?かにそう 埴の蕗が療こえたんだ
囂り栽った知 ?がる弊順で
宇きしめたいずっと そうずっと
扮が送れても ?わらぬ埃崩
あの襪い呂困辰函,修Δ困辰箸海海砲△襪
そして隆栖へ

梨れないで

ゞ埃崩〃咄赤得胎